「ひめゆり」長編ドキュメンタリー映画

忘れたいことを話してくれて ありがとう

この作品は、ひめゆりの生存者の方々の意向で、テレビ放映やビデオ・DVD販売をいたしません。

上映の機会ひとつひとつを大事にして行きます。

新着情報・お知らせ

2019/05/02
「沖縄慰霊の日上映決定!」 2019年6月22日〜28日 ポレポレ東中野NEW
2019/01/01
沖縄市では、毎月の第2・第4土曜日に、上映が行われます

上映情報はこちらをご覧下さい。

一人から次のひとりへ伝えたい

毎年恒例 6月 沖縄・慰霊の日の上映にあたって

観客としてこのドキュメンタリーに出会い、観るだけでなく伝える行動をした人たちが多くいます。
今も上映事務局の一端を担っているスタッフは、映画に出会った30代当時の気持ちをこう語ります。

「僕は普段、積極的に行動する人間じゃない。
 政治を変えるとか、戦争をなくすって
 自分は何も出来ないから無力感を感じるし、
 絶望したくないから思考停止させていた。
 でも、映画を観終わって、何かが宿る。
 映画のチラシをごっそりもらって周りの人に配りはじめていた。
 次に伝えたかったから。
 平和に対して、今までのように
 引きこもっていようという思考は消え去った。
 それを“希望の映画”って言う人もいる。」
  (富士 海)


ひめゆり学徒の生存者が90歳代となり、ひめゆり平和祈念資料館に戦後世代の館長が誕生しました。次の世代にバトンは引き継がれています。
一人から次のひとりへ、ひめゆりの平和への願いが伝わっていくことを願ってやみません。
6月23日の「沖縄慰霊の日」にちなみ、公開以来ポレポレ東中野と共に上映を続けています。

映画館【ポレポレ東中野】リンク

上映会を開きませんか

自主上映のご案内

映画『ひめゆり』を通し、ひめゆり学徒生存者の想いをひとりでも多くの方に伝えたい、との願いを込め、自主上映会の申し込みを受け付けています。
皆様の町で、学校で、仲間での上映会を企画して下さる方のご連絡をお待ちしています。

こちらをご覧下さい。

学校上映のご案内

『ひめゆり』は、人権教育、平和学習、沖縄修学旅行の事前・事後学習の一環としても
全国各地の学校で上映されています。

こちらをご覧下さい。

上映会を開きませんか?


■製作■

共同制作 財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会

製作・配給 プロダクション・エイシア

監督 柴田昌平

カラー/16mm・DVCAM/2時間10分/スタンダード