監督より

人類が連携して創り上げた陶磁器

きっかけは、5年前にフランスから届いた、ある陶芸アーティストの手紙だった。
「あなたと、陶磁器の歴史のドキュメンタリーを作りたい」
彼女は、僕の前作『千年の一滴 だし しょうゆ』をパリで観て、連絡をくれたのだった。
なぜ僕なの?
僕は陶磁器のこと全然知らなかったし。旅から旅の生活で、家も狭いし、器を置く場所がない。そもそも物欲がない。

「日本は土器の発祥地でもあり、土の種類も豊か。窯や作家の数も、世界的に見て、ずば抜けて多い。日本にない焼き物はなく、日本列島にはセラミックの歴史が凝縮しています。最新のファイン・セラミックだって、日本は最先端を走っています。日本にいるあなただからこそ、人類と陶磁器の歴史をひもとくドキュメンタリーが作れるはずです」

なるほど、確かに! 「マイカップ」を自宅や職場に置き大切にしている地域は、世界でも日本だけだといわれる。器に自分自身を重ね、まるで分身のように扱う僕たち日本人。そのDNAは、はるか縄文時代に遡るのだろう。

リサーチを進める中で、北京に、磁器で作った人形でアニメーションを作るアーティストがいることを知った。耿雪(Geng Xue ゴンシュエ)という若い作家だ。彼女に「陶王子」という器の妖精を作ってもらい、陶磁器の発展にあわせて陶王子が成長していく物語として、ストーリーを描くことにした。
中国やフランスに何度も通い、打合せを重ねた。

「陶王子」の声は、のん。あどけなさと高貴さを見事に表現してくれた。

「ナショナリズムに陥るな!」――― それが5年前にこの企画をスタートさせたときからのスタッフの合言葉だった。器=陶磁器は、洋の東西を行き来しながら、人類がみなで育ててきた文化だ。
この映画が分断する世界をつなぐ希望となることを願っている。

監督 柴田昌平

柴田昌平 略歴

1963年東京生まれ。映像作家。初監督作品『ひめゆり』(2006)は、キネマ旬報ベストテン文化映画1位など8冠を受賞。フランスとの国際共同制作ドキュメンタリー『千年の一滴 だし しょうゆ』はヨーロッパを中心に世界中で上映された。
ドキュメンタリーのテレビ番組も制作し、中国・四川テレビ祭 最優秀人類学賞を受賞したNHKスペシャル『クニ子おばばと不思議の森』は、焼き畑による森の循環と農家の暮らしを紡いだ異色作。NHKスペシャル『新シルクロード』シリーズでは企画立ち上げから関わり、「楼蘭」「天山南路」の2本を演出、NHKスペシャル『世界里山紀行』シリーズでは「フィンランド」を担当。いずれも海外で受賞をしている。
2001年から2002年にかけて文化庁の芸術家海外派遣研修制度で北京映画学院に留学、そのときのネットワークが中心となって、本作品の制作スタッフが組まれた。

2021年をこのポジティブな映画でスタートしたい

監督の柴田昌平さんから『陶王子』の完成間近のバージョンを見せて貰ったのは2020年の頭。まだまだ世界が変わる前。
「陶磁器」についての映画だと思っていたら、僕たち人類の探求心と進歩についての映画だとビックリして興奮したのを覚えています。

そして新型コロナウィルス ―――

いま改めて『陶王子』を思い起こすと、過去の人類の創意工夫、そしてしなやかな適応力って凄いな、と。でもそれ以上に、だから現在の僕たちも同じなんだよ、対応する力があるんだよ、と 2万年前から今までの人類すべてから激励を受けている気がする。
そう、今を生きる僕たちもきっと負けない、大丈夫だよ、と。

まだまだ不安を感じる人たちや、一変した世界にもどかしい思いが続いている人たちも多いと思う。だからこそ2021年の幕開けに、この希望に満ちた『陶王子』を上映出来ることが嬉しいし観て欲しい。
そして、僕が受け取った勇気を共有して貰えたら、尚嬉しい。

ポレポレ東中野 支配人
大槻貴宏

自主上映会の募集

映画『陶王子 2万年の旅』は、皆さまの手で上映することができます。市民や学校、職場による上映会の受付を開始しました。

ただし該当地域の映画館で今後の公開が予定されている場合は、映画館の公開後に自主上映となりますので、お問い合わせください。皆様のまちや職場、仲間での上映会を企画して下さる方のご連絡をお待ちしています。

上映媒体DVD・ブルーレイ
基本上映料基本料金7万円+消費税(100人まで)
101人目からはおひとり500円(+税)
上限は、15万円 (+税)
備考1日何回上映しても同料金です。
複数日にわたる上映はご相談ください。

お申込み前のお願い

  • 30人以下の会場(カフェなど)で小規模の上映をご検討の場合は別途ご相談ください。
  • 上記は映画の貸し出し代金です。機材は上映団体でご用意ください。
  • 固定料金をご希望の方(自治体など)は、別途、事務局までご相談ください。
  • DVD・ブルーレイの発送・返却時の宅急便代、上映料金の振込手数料はご負担ください。
  • 公式チラシ、ポスターを販売しています。上映会の宣伝に使うことができます。
  • 皆さまがチラシを独自に作ることもできます。チラシ制作に必要な画像データは無料で提供いたします。
    ☞この場合は事前に内容を確認させてください。

日程調整

上映予定日、上映地域が他の団体と近い場合は、申し込みの早い団体を優先させていただきます。

日程調整が必要になる場合があります。☞会場を予約される前に、上映候補日を必ずご相談ください。

お問い合わせ窓口

映画『陶王子 2万年の旅』事務局(プロダクション・エイシア)
担当: 大兼久(おおがねく)
〒202-0015 東京都西東京市保谷町2-7-13
TEL:042-497-6975
FAX:042-497-6976
メール:dashiasia-documentary.com
メールアドレスは@に置き換えてください。

初めての方に・・・どのように開催すれば良いの?
はじめに

「どうやったら上映会を開けるの?」
「はじめてでもうまくいくの?」
「予算はどうやって立てるの?」
「チラシはどこで印刷するの?」

上映事務局に寄せられる相談の数々・・・。

私たちは、みなさんと一緒に、実現に向けて考えて行きます。

一人でも多くの方が自主上映の楽しさ、やりがいを感じてくれたならば・・・。

そんな願いを込めて、このコーナーを記します。

仲間づくり

上映会を開くには、まずは仲間作りから始めます。

一人でも上映はできますが、やはり仲間がいたほうがいいでしょう。

地域・職場・学校などで個人・団体に広く呼びかけ 一人でも多くの方に活動内容を知ってもらいましょう。

上映目的(目標)

みんなでどんな上映会にするか話し合いましょう!

たとえば——
  • 映画を鑑賞すればOKという上映会もあります。
  • 映画を肴に仲間や観客とおしゃべりをするのを 目的としても良いと思います。
  • 陶芸をしている皆さん、テーブルウェアに関心のある皆さんで 「器の使いかた、器の歴史ついて勉強しよう」 という目的もあるかもしれません。

映画公開の際に、私の愛用している「マイカップ」の写真を エピソードと一緒に送ってもらいました。
マイマグ例

SNSで紹介したり映画館に写真を貼りました。 身近なマイカップ、お茶碗、お皿の写真は 見ているだけで楽しかったです。

目的に合わせてゲストを招いたり、イベントを同時に開いたりなど、 みんなで考えてみてください。

会場と日程
  • どこで?

    目的に合わせて、会場を決めます。
    予定観客数・客層・場所などを考慮すると良いでしょう。

  • いつ?

    目的に合わせて、会場を決めます。
    ☞日時を決定して会場の予約をする前に、必ずご連絡ください。
    (近くの地域で複数の上映がある場合は、先着順に受け付けます)

  • 機材は?

    会場の設備を確認してください。

    DVD等のプレーヤー、プロジェクター、スクリーン、 音響設備がどうなっているか・・・など。

    会場に設備が備わっていて、映画上映の経験のある会場は、 比較的スムーズに上映会ができます。

    機材については難しいところもあるので、詳しい方や会場に相談しましょう。

困ったらまずはご連絡ください。

予算組み

諸経費を書き出し、入場料の設定を行います。

~ おもな諸経費 ~

  • 上映料金(映画貸し出し料金)
  • 映写費用(機材・スクリーン・必要に応じて技師人件費…)
  • 会場費(会場使用料・附帯設備使用料…)
  • 宣伝費(チラシやポスター等の購入・作成費…)
  • 事務費(通信費・会議費・消耗品費・送料…)

助成金や、会場費の減免などを受けられるかもしれませんので、それぞれの地域の行政とも相談してみてください。

宣伝をする

ポスター・チラシは早めに準備し、掲示、配布するようにしましょう。

ここからが上映会へ向けたスタートです。

宣伝で一番手軽なのが、FacebookやTwitterなどのSNSですね。有効活用しつつも、SNSを使わない方も多いので、今もチラシは重要な宣伝物です。

チケットも、ネット上で申し込む方法が多くなりましたが 友人知人に手から手へ販売していくのは、今でも有効な方法です。手作りのチケットを作ってみましょう。

また、マスコミも協力してくれるかもしれません。 (新聞の地方版、自治体広報誌、協力団体会報、地域FM局、 地域ケーブルTV局、ミニコミ誌・HP…)

上映会当日 有意義な一日でありますように!
その他、詳しいポイントは、お申し込みのときにお伝えします。
宣伝材料について
B5チラシ 1セット100枚
500円税込み(+送料)
チラシ表面チラシ表面
チラシ裏面 チラシ裏面

☞ 裏面の下部「下白」(数センチの空白)に上映会の日時や場所等を手差し印刷が可能です。

B2ポスター
(縦73㎝ × 横52㎝)
1枚単位
150円税込み(+送料)
ポスター ポスター

皆さまがチラシを独自に作ることもできます。チラシ画像を下記より無料でダウンロードしてご利用いただけます。
☞この場合は事前に内容を確認させてください。

出演&スタッフ

5か国のスタッフ・出演者によって製作されました

人形アニメーション

耿雪 Geng Xue ゴン・シュエ
(北京・中央美術学院 講師)
人形は中国を代表する若手アーティスト、耿雪 Geng Xueが製作し、 アニメーションは、耿雪と、パートナーの甘浩宇が創りました。
耿雪 Geng Xueは、1983年に中国・吉林省で生まれ、北京の中央美術学院で陶磁器の制作を学びます。 2014年に大学院の卒業制作で作った陶磁器による人形アニメーション《海公子》(英題:Mr Sea)で世界の注目を集めます。柴田昌平監督が耿雪に連絡を取るきっかけも、YouTube上にあった《海公子》のトレーラーを観たことがきっかけでした。
耿雪は、2019年のヴェネツィア・ビエンナーレに中国を代表するアーティストとして参加しています。 .

陶王子の声

のん

その他の出演・スタッフ

【出演】※出演順
熊谷幸治(陶芸家 武蔵野美術大学講師 土器の始原の研究)
宮尾 亨(考古学者 新潟県立歴史博物館 学芸員 火焔土器研究)
横石臥牛(長崎 現川焼作家 故人)
谷川菁山(愛知 常滑焼作家 故人)
加藤宏幸(京都 祇園の料亭「川上」主人)
小泉龍人(考古学者 メソポタミア考古学教育研究所代表)
任 星航(陶芸家 中国陶磁工芸美術大師=中国の人間国宝)
ティエリー・ヴォワザン(帝国ホテル メインダイニング「レ・セゾン」シェフ)
山花京子(考古学者 東海大学准教授 エジプシャン・ファイアンス研究)

【スタッフ】
プロデューサー
大兼久由美(プロダクション・エイシア)
牧野望(NHKエデュケーショナル)
齊藤倫雄(NHK・TV版)
吉沢朗(NHK・国際共同制作コーディネート)
取材 Mary Louise Degonde
音楽 Dan Parry
中国ロケ共同ディレクター 侯新天
撮影監督 毛継東
撮影 川口慎一郎・楊倩・楊松柏
美 術 今井加奈子
ポスターデザイン 市川千鶴子
編 集 高橋慶太
音響効果 鈴木利之
音声 柳田敬太
映像技術 北澤孝司
英語版制作 Jeffrey Irish
英語版助手 Angie Sinicyaya Sugitani
広 報 松井寛子・飯塚タイタン・羽賀美由紀・若林 晋・kiko

上映情報

2021年お正月 ~ ロードショー公開

地域 劇場 期間 電話
群馬 シネマテークたかさき12月4日(土)~12月10日(金)
12月4日(土)はトークショーを予定
matka吉井美晴さん×監督

※詳しくは劇場ウエブサイトをご覧ください。

027-325-1744
新潟 高田・世界館

10月30日(土)~11月12日(金)
11月9日(火)は休映日

※10月31日(日) 10:00の回上映終了後 柴田昌平監督と地元陶芸家・齋藤尚明さんによる舞台挨拶

※1日1回上映、詳しくは劇場ウエブサイトをご覧ください。

025-520-7626
金沢 シネモンド時期未定076-220-5007
山口 萩ツインシネマ

new! 上映延長決定!
10月23日(土)~11月23日(火・祝日)

※トークイベント
10月23日(土) 13時~上映後 止原理美さん(萩焼)と柴田昌平監督
10月24日(日) 10時~上映後 監督舞台挨拶

※1日1回上映、詳しくは劇場ウエブサイトをご覧ください。

0838-21-5510
終了した上映   
札幌 サツゲキ終了
※舞台挨拶 4月28日&29日
終了
青森 シネマディクト終了
※トークイベント
5月29日 今井理桂さん(津軽烏城焼)と監督
5月30日(日)一戸広臣さん(津軽亀ヶ岡焼しきろ庵)・川嶋大史さん(つがる縄文の会)と監督
司会:福士珠美さん (ブルーリンクプロジェクト)
コンシェルジュ:峯尾泰子さん (ANA あきんど)
主催:高木まゆみさん(また旅くらぶ)
終了
青森 フォーラム八戸終了終了
山形 フォーラム山形終了
※舞台挨拶 3月6日&7日
終了
仙台 フォーラム仙台終了終了
福島 フォーラム福島終了終了
新潟 シネ・ウインド終了
※トークイベント
4月24日 菅野勝一さん(長岡・市民映画館をつくる会)と監督
4月25日 宮尾亨さん(新潟県立歴史博物館)と監督
終了
新潟 長岡・アジア映画祭終了
10月30日(土)
※14:00からの上映後に柴田昌平監督と映画の中で火焔土器について解説する宮尾亨先生(考古学者 新潟県立歴史博物館 学芸員 火焔土器研究)の対談
終了
東京 ポレポレ東中野終了
※トークイベント多数
終了
東京 ポレポレ東中野では『千年の一滴 だし しょうゆ』
同時上映 終了
終了
東京 ポレポレ東中野では『森聞き』
同時上映 終了
東京 ヒューマントラストシネマ有楽町終了
※トークイベント多数
終了
東京 シネマ・チュプキ・タバタ終了
 ※舞台挨拶 6月5日&6日
終了
神奈川あつぎのえいがかん kiki終了
※舞台挨拶 4月28日&29日
終了
神奈川 シネマ・アミーゴ終了
10月3日(日)~10月16日(土)
※10月3日(日) 監督来場(予定)
終了
長野 長野相生座・ロキシー終了
※トークイベント
・7月24日(土)13:30~の上映後
唐木田伊三男さん(信州松代焼窯元 唐木田窯)×柴田監督
・7月25日(日)13:30~の上映後
角居康宏さん(金属造形作家)×柴田監督
終了
  相生座では『千年の一滴 だし しょうゆ』
同時上映
『千年の一滴 だし しょうゆ』
7月24日(土)~7月30日(金) (1週間)
 
名古屋 名古屋シネマテーク終了
※舞台挨拶 1月3日
終了
富山 ほとり座終了
※舞台挨拶 4月28日&29日
終了
富山 ダフレンズ×ほとり座終了
※舞台挨拶 4月28日&29日
終了
京都 MOVIX京都終了終了
京都 京都シネマ終了
※トークイベント
4月17日 料理研究家・大原千鶴さん×監督
4月18日 陶芸家・土渕善亜貴さん×監督
終了
大阪 第七藝術劇場終了
※トークイベント
1月16日 越智裕二郎(大谷美術館館長)さん×土渕善亜貴(陶芸家)さん×監督
1月17日 加藤宏幸さん(祇園料亭川上主人)×監督
終了
大阪 シアターセブン終了
※舞台挨拶 4月28日&29日
終了
兵庫 元町映画館終了終了
広島 八丁座終了
※OL舞台挨拶 3月13日
終了
広島 シネマ尾道終了
※トークイベント
5月15日(土)ヴィヴィアン佐藤さん×監督
5月16日(日)ヴィヴィアン佐藤さん×監督
終了
  シネマ尾道では『千年の一滴 だし しょうゆ』
同時上映 
 
福岡 KBCシネマ終了終了
佐賀 シアターエンヤ終了
※トークイベント
5月4日 岡本作礼さん(陶芸家)と監督
終了
大分 シネマ5終了
※トークイベント
4月3日 陶芸家・橋本尚美さんと監督
   シネマ5支配人田井さんと監督
4月4日 陶芸家・北村忠裕さんと監督
終了
鹿児島 ガーデンズシネマ終了
※トークベント「器の旅を語る」
3月27日 沈壽官さん×監督
3月28日 深港恭子さん(黎明館)×監督
終了