CD+絵本「ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き」

音楽CDアルバム全15曲と絵本

発売: 2011年2月2日  2850円+税 (税込3078円) ISBN 978-4-903971-02-5

 
ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き(Rajaton)  

【解説】

ラヤトン(Rajaton)は、フィンランドでもっとも人気にある6人組のアカペラ・ボーカル・グループ。 真冬の風、きらめくスターダスト、蝶が踊る羽音・・・。ラヤトンのサウンドには自然があふれています。

このCD+絵本は、日本向けに特別にセレクトされたラヤトンのベストアルバム。ラヤトンはフィンランドで12枚のCDを出していますが、その中から15曲を厳選しました。歌詞も美しく、天才イラストレーターKeisuke Mitaが1曲ずつ絵を描いています。

NHK世界里山紀行 『フィンランド・森とともに生きる』や、2011年春公開の映画『森聞き』(フィンランド・オウル国際青少年映画祭正式招待作品)でテーマ曲を奏でた、ラヤトンの透きとおる歌声を、美しい絵本とともにお楽しみください。

  

 

  • 在庫僅少につき、アマゾンでの取扱を終了しました。ご購入ご希望の方は、弊社へ直接お問合せください。

    電話 042-497-6975

  • エイシアからの直販はこちら
  • 本体価格2850円(税込価格は3078円)
    (国内送料510円を別途いただきます)
         *海外発送ご希望の方はお電話にてお申込み下さい。
         *ギフトにしたい場合は、カード情報の次の頁に
          「配送先住所」の欄がありますので、そこに、
          ご贈答先のお名前・住所を記入してください。
         * 「備考 (領収書のご希望の有無や、この本をお知りになった
           経緯等をお知らせください)  」という欄もありますので、
           ご贈答先や私どもへのメッセージを記していただければ
           幸いです。

  • スタッフ一同 心をこめて作り上げたCD絵本です。弊社直販および提携していただける書店やカフェなどで販売します。1~3営業日以内に丁寧に発送しますので、どうぞご利用ください。


  • 販売しているところ (2016年1月1日現在) 手にとったり、音楽を聴けます
    東 京 旅の本屋のまど (西荻窪)
        2011.3.4 発売記念イベントを行いました  
    カフェmoi (吉祥寺)
        2011.2.2 & 2.9 発売記念イベントを行いました
    静 岡 絵本の店 キルヤ (浜松)
        浜松市唯一の絵本専門店です

        

ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き(Rajaton)

概要

CD+絵本「ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き」

歌: ラヤトン (Rajaton)
絵: 三田圭介
訳: 上山美保子
アートディレクション・デザイン: 小野太作
解説: 柴田昌平



【収録曲】

  1. ドビンの花咲く谷間
  2. でこぼこ道
  3. 人恋しいかい?
  4. 白夜の少女
  5. たあいのないお話
  6. 澄みわたる空の雲雀
  7. 新星-NOVA-
  8. 僕の心は凍えた
  9. そっと
  10. 氷小僧
  11. Butterfly
  12. 明日になればもっと
  13. 結婚の祝い歌
  14. 髪が銀色に輝くころ
  15. 霧の中をさまよう



ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き(Rajaton)










「霧の中をさまよう」 

  僕らは霧の中をさまよっている
  月の光に耳をすまそう

  かすかに震える苔を踏みしめ
  足もとを 心の奥を感じたい

  ふたりが声をひとつに歌えば
  歩む影も 心寄せあう

  なんと美しいことだろう

    ――― 映画「森聞き」の主題歌“Me kuljemme kaikki sumussa”より



【関連するホームページ】

 




【仕様】

サイズ:B5版横 (縦190ミリ×横264ミリ×厚み10mm、 重量390g)
     上製本、36頁オールカラー
CD(全15曲): JASRAC許可番号 R-1000307
発売日: 2011年2月  
版元: プロダクション・エイシア


 
ラヤトン 無限の森へ ~ フィンランド・アカペラの響き(Rajaton)

ご購入者から届いた感想より

美しいラヤトンの響き。おだやかな色調のイラスト。平明な訳詩のコトバ。これらが微妙にかもし出すハーモニーが、書を絵にした私を、やさしくフィンランドの森へ誘ってくれた。素敵な音楽絵本でした。 (東京都・大学名誉教授)
私も信州山国の出身なので、森はなつかしいです。CDをかけ、ねっころばって絵本を広げると、森や青い空が広がります。(東京都・会社役員)
誕生日の翌日の今朝、届きました。 30歳をこんなに美しい本と音に包まれて 迎えられるなんて、うれしいです。 少し散らかった部屋ですが、 ラヤトンをかけた瞬間から心が森や夜空に 旅しています。同居の2匹の猫も心なしか 気持ちよさそう。(東京都)
毎日聴きながら、本にも魅せられ開いています。 何と表現してよいのか言葉が見つかりません。(神奈川県)
絵本がCDケースとなっているだけでなく、デザインとして完成しているのが素晴らしい。音楽も絵本のイラストも初めて感じる魅力にあふれています。これで\2850-でいいのですか?(東京都・無職)
心さやさやとCD毎日聴いてます。この世のすべての命に意味があると、又、生かされている生命を大切にしたいです。(神奈川県)
良い音楽と出会えてうれしかったです。絵本も素敵です。(神奈川県)
Rajaton、『世界里山紀行・フィンランド』で聴いて以来、気になっていたので、このたび購入。絵本の絵、装丁、訳詩とも一体感があって、すばらしい! ブログでも紹介させていただきました。「さらふぁい」で検索。(北海道・主婦)
装丁がすばらしいですね。フィンランドは遠い未知の異国ですが、イメージがふくらみました。今回のCDもこのような形でなければ出会う事のなかったラヤトンというグループ。心洗われる思いで聴きました。(大阪府・主婦)
私自身のルーツが山深い、伝説の多い不思議な村であり、この絵本の風景や言葉にとても共鳴するところがありました。(長野県・薬剤師)
音楽と絵と訳詩による豊潤な世界を堪能させていただきました。(東京都・主婦)
海無し県(栃木)の山に囲まれた里山に生まれ、育った私は、里山が大好きで、特に樹齢何百年とかの樹木に出会うと、一日中でも側に居たいと思うくらいです。季節の折、山菜採り、新緑、紅葉、黄葉、きのこ狩り、森や雑木林を歩くとき、耳を澄まして樹々の囁きを聴くのが好きです。フィンランドの森に住む、人の目には見えない生きものたち・・・三田先生の絵がとても合っているような気がしました。(東京都・自営&ヘルパー)
自然は美しいし、おそろしい。アカペラの音と、美しい絵本にすくわれています。(栃木県)
映画もとても良かったですが、ラヤトンの音にもとても深い感銘を受けました。日本も大変な状況になり、「生きること」「命」について改めて考えました。(東京都・主婦)
懐かしい感じの曲が多く、いやされました。(神奈川県・会社員)
絵と詩と音楽のコラボレーションが、フィンランドの森へと誘ってくれました。(東京都・主婦)
仕事の時も、PCで再生しながら、デスクワークをしています。 うつくしい人の声にいやされます。 フランス在住の言語学者、小島剛一さんは「いまこそ、歌うべきときである」とおっしゃっいました。 なるほど、とラヤトンのCD聴きながら思います。(長野県)
前日の日曜日、山へ行きました。氷点下10度、絶え間なく降る雪の中、ぶらぶらと歩いてきました。 誰もいない森。胸までの雪。音のない世界を堪能しました。が、「ラヤトン 無限の森へ」を読んで聞いてから行っていたら、景色が違って見えたと思います。(岐阜県)