長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」 トップ頁へ
 トップ頁新着情報 上映情報自主上映寄せられた声生存者の声予告編監督ブログ

作品概要


はじめに    プロローグ    一章    二章    三章    エピローグ


プロローグ


少女たちはなぜ死ななければならなかったのか。自らだけが生き残ってしまったという自責の思いを持つひめゆり学徒の生存者たちが、遺影の並ぶ暗い展示室で、若き友に今も語りかけている。



宮城喜久子 自分だけ生き残って

本村つる 残してきた人たちに対し大変すまない

宮良ルリ 命あるかぎり引きずって生きなければならない

















※このページの著作権は下記に属します。
プロダクション・エイシア    himeyuri※asia-documentary.com
(※を@に変えてメールを送信してください)