長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」 トップ頁へ
 トップ頁新着情報 上映情報自主上映寄せられた声生存者の声予告編監督ブログ

作品概要


はじめに    プロローグ    一章    二章    三章    エピローグ


第三章 死の彷徨


組織が解体され、地獄の戦場にたった一人で放り出された。十代の少女たちが突然、自らの運命・生命に直接責任を持ち、向き合わなければならなくなった。3月の動員から90日間の犠牲者が19人に対し、解散命令後わずか数日で100余名が亡くなった。生存者がなかなか語れなかった人間の実相が凝縮している。



照屋信子 パニック状態

照屋菊子 お父さん、お母さん、神様、助けてください

石川幸子 水が飲みたい

比嘉文子 友達を一人残し

謝花澄江 砂浜いっぱいの死体

宮城信子 もし手榴弾があったら

大見祥子 お母さんに会ってから死にたい

大城信子 無言

城間和子 捕虜は恥じではありません

前野喜代 一緒に死なせてください

島袋淑子 俺には君たちは殺せないよ

宮城喜久子 青い空の下をもう一度大手を振って歩いてみたい

宮城ルリ 生きたかった、それを今私に伝えてくれと言っている
















※このページの著作権は下記に属します。
プロダクション・エイシア    himeyuri※asia-documentary.com
(※を@に変えてメールを送信してください)