長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」 トップ頁へ
 トップ頁新着情報 上映情報自主上映寄せられた声生存者の声予告編監督ブログ

作品概要


はじめに    プロローグ    一章    二章    三章    エピローグ


第一章 戦場動員と看護活動


生き地獄とも言える病院壕のなかで、献身的に看護をする生徒たち。人間の肉体がモノとして、ボロキレのように扱われるようになる戦場の中で、純真さを失わずに活動する生徒たち。しかし当の生徒たちは、自らの人間性が失われ、血も涙も流れない無機質の存在に変わりつつあることを自覚し、自問自答を続けていた。



宮城喜久子 まさか…

本村つる 戦場の卒業式

上原当美子 女学生さん助けて

新垣世紀子 こま鼠

世嘉良利子 一緒に泣きながら

仲里正子 足が切り落とされた瞬間

富村都代子 血も涙もない人間になったのだ

津波古ヒサ わずかな間で人間の心が変わった

大見祥子 入り口で自決してるんです

宮良ルリ 北海道に戻ることができたらスズランの花を送ってあげよう

与那覇百子 変わり果てた貞子さん

島袋淑子 私死なない











※このページの著作権は下記に属します。
プロダクション・エイシア    himeyuri※asia-documentary.com
(※を@に変えてメールを送信してください)